楽天・Yahooショッピング・Wowmaなど大手ショッピングサイトをまとめて価格比較、最安値比較!

おすすめ記事 レディースファッション

レディース パンツの選び方

投稿日:2019年4月21日 更新日:

ワイドパンツ

ワイドパンツは脚のラインを隠してくれるので、体型をカバーしたい方にはぜひおすすめです。
O脚などもカバーしてくれるのはいいですよね。

身長が低めの人は、横に広く見えやすくなりがちなので、靴などの組み合わせには気をつけましょう。
また、ボトムが重く見えないように、少し短めの丈で足首が見えるくらいだとスッキリとした印象になります。

ワイドパンツは、カジュアルな靴スニーカーも合いますし、ヒールとの相性もとても良いです。

柄物のワイドパンツの場合は、トップスを無地のものにすると、とてもバランスが良くなります。
トップスが無地でもの足りないときは、バッグなどのワンポイントでアクセントを付けるといいでしょう。

ガウチョパンツ

ガウチョパンツもワイドパンツの一種である、と言えるでしょう。
カジュアルにも大人っぽくもどちらにも着こなせますし、年齢に関係なく履けるアイテムです。
ガウチョパンツもワイドパンツと同じで、身長が低めの人は、少し短めの丈をおすすめします。
丈を短くすることで、全身の印象としての重心が上がり、身長を高く見せる効果があります。

テーパードパンツ

テーパードパンツは、腰のまわりにゆとりがあり、下へ向かって細くなっているので、足が長く見える効果があります。
おしゃれでありながら、体型もカバーしてくれるので、とても優秀な定番アイテムですね。
スッキリとした印象になるので、「デキる女」に見せたい人にはおすすめです。

裾の丈の長さも大切です。
足首が見えるものや、10分丈のものなど、自分の体型に合ってバランスが良く見えるものを選びましょう。

足首の太さが気になる人は、裾周りに余裕があるテーパードパンツを選びましょう。
裾周りに余裕がないと、脚が太く見えるようになってしまいます。

腰回りや太ももが気になる人は、ワンサイズ大きいテーパードパンツを試着してみてください。
腰回りや太ももに余裕ができて、しっかり体型をカバーしてくれるようになると思います。

クロップド(少し短めの裾)のテーパードパンツなら、パンプスとの相性がとても良いです。綺麗系、オフィス系を目指したい方はぜひ。

バギーパンツ

ワイドパンツと違って、裾までの幅が同じバギーパンツ
幅が同じでロールアップ(裾を巻き上げる)ができますので、足首を見せることでスッキリとした印象にしたり、脚を長く見せる効果も期待できます。
大人しく見える印象がありますので、オフィス向けや、大人なコーディネートにしたい人におすすめです。

スキニーパンツ

脚のラインが見えやすいスキニーパンツですが、トップスの選び方で脚のラインを目立ちにくくすることができます。
トップスをボリュームがあるものにしたり、柄物にすることで目線は上半身に注目しやすくなりますので、下半身が気になりにくくなる効果が期待できます。
また、トップスだけではなく、靴や靴下にアクセントがあるものを選ぶと、脚にはさらに目線がいきにくくなります。
ストレッチの効いた生地のスキニーパンツなら、ピッタリしている見た目でも、実際には楽に履くことができます。

スラックスパンツ

スラックスパンツは、シンプルなデザインなので、カジュアルにもラフにも、とても広く着分けることができます。
トップスや靴もとても合わせやすいです。オフィス用としてもおすすめです。

カーゴパンツ

元は作業用のズボンのデザインから生まれたカーゴパンツなので、ボーイッシュなデザインを楽しむときの普段履きなどでおすすめです。
女子なら、迷彩柄でもとても可愛い印象になります。
ワンポイントのアイテムとの組み合わせを考えてみるのも、とても楽しいですね。

ショートパンツ

脚がそのまま見えますので、脚のラインに自信がないとなかなか履きにくいパンツですね。
でも、ショートパンツもスキニーパンツと同じように、トップスにアクセントを持たせれば、目線を上に行きやすくして、脚を目立ちにくくできます。
また、肌寒い日なら、ニット素材などの暖かそうなものを選ぶと、脚が出ていても暖かそうに見せることができます。

サロペットパンツ

オーバーオールと違って、背中があいているサロペットパンツ
肩ひもの幅パンツの裾の幅の違いによって、かなり印象が変わりますので、体型との相性や、狙っているコーデに合わせて選んでみてください。

サルエルパンツ

股がとてもゆったりとしたデザインで、とても個性的なサルエルパンツ
股下がひざのあたりにある短いもの股下のゆとりが少なめのスリム系など、いろいろなデザインがあります。
股下が短いものは体型をしっかりカバーしてくれますし、スリム系ならサルエルパンツ初心者の人でもスッキリとした印象に着こなすことができます。
個性のあるコーディネートにしたい人にとてもおすすめです。

甘めと辛めのバランス

トップスが甘めのときは、辛めのボトムスを合わせたほうが、全体的にバランスが取れて印象が良くなります。
トップスとボトムスの両方を甘くしてしまうと、うまくコーディネートしないと全身のバランスが崩れるときがありますので、気をつけましょう。

自分に似合う服を探す

服は、「誰が着ても似合う」、ということはありませんよね。
ですから、「自分に似合う服」と、「自分は似合わない服」があります。
自分の体型や年齢、髪型や雰囲気などに似合った服やパンツを選ぶこともとても大切です。

自分が素敵と思えるパンツを選ぶこと

ファッションのテクニックはいろいろありますが、最後は自分で「ステキ!」と思えるパンツを選びましょう。

「レディース ボトムス」楽天、Yahooショッピング最安値の商品を、まとめてチェック! 最安値の商品を見る ≫

-おすすめ記事, レディースファッション

関連記事

ワンピースの選び方

アウターとの組み合わせ ワンピースは、ワンピースに合うアウターも合わせて選ぶとよいでしょう。 ワンピースに合うアウターもセットで買ってもいいですし、手持ちのアウターがあるときはそのアウターに合うワンピ…

続きを読む ≫

レディース トップスの選び方

ストライプ柄を効果的に使う 縦のストライプ柄を使うと、簡単に「着やせ効果」を狙えます。目の錯覚で、細く見えるんですね! ただ、注意したいのは、ストライプの幅。細ければ細いほどスッキリとした印象に見えま…

続きを読む ≫

レディース 水着の選び方

胸が小さめの人の水着 胸が小さめの人は、バンドゥビキニがすすめです。 バンドゥビキニは、ブラの部分がチューブトップのようになっているので、可愛いく見える上に胸全体をカバーしてくれます。 胸の谷間も生地…

続きを読む ≫

レディース 水着の選び方

胸が小さめの人の水着 胸が小さめの人は、バンドゥビキニがすす…

続きを読む ≫

ワンピースの選び方

アウターとの組み合わせ ワンピースは、ワンピースに合うアウタ…

続きを読む ≫

レディース パンツの選び方

ワイドパンツ ワイドパンツは脚のラインを隠してくれるので、体…

続きを読む ≫

レディース トップスの選び方

ストライプ柄を効果的に使う 縦のストライプ柄を使うと、簡単に…

続きを読む ≫